RUN伴+2018

「RUN伴」とは、認知症の人もそうでない人も、安心して暮らせる地域づくりを目指して、北海道から沖縄までリレーでタスキをつなぐ啓発イベントです。

認知症当事者自らがコースを走ったり、応援者がタスキをつないだりしながら、出会い、ふれあい、テーマカラーの“オレンジ色”で地域を染めていくことを目指します。

本年度の「東区RUN伴」は、リレーはせずに、イベントを行うこととなりました。

認知症に関する全国フォーラム「九州在宅医療推進フォーラムin福岡」が東区で開催されるため、それに合わせて東区内の介護事業所などが地域の取組みなどを紹介します。ぜひ、地域のみなさまにも当日のご来場をお願いします。

できれば、オレンジ色の物を身につけて(*^_^*)

10月は「RUN伴マンス」として、

地域で行われるさまざまなイベントで、認知症の啓発を行います。

 

詳しくは、チラシをご確認ください。

★RUN伴2018チラシ★