平成28年度ふれあいサロン研修会を実施しました

平成28年11月1日(火)、7日(月)に

東区内のふれあいサロンのボランティアを対象とした研修会を実施しました。

今回は、福岡防災研究会の宮﨑雄輔氏を講師にお招きして、

「もしもの時どうする?サロンでの緊急時対応」をテーマに研修を行いました。

今年4月の熊本地震、最近では博多駅前の陥没事故など、

いつどこで「もしもの時」がきてもおかしくない中で、

これまでの災害等を振り返りながら、

サロンとして日頃からどのようなことを心がけておくかを学ぶことができました。

 

一人ひとりが、万が一に備えて日頃からどのような準備をしているか、

サロンの中で話題に出すことだけでも、意識を高めることができます。

 

また、台風や雪などでサロンの開催を迷った時は、

「最悪の事態に備える判断が命を守ることにつながる」

といったお話しも印象的でした。

 

そして、サロン活動などを通じて顔のみえる関係-つながり-をつくることが、

災害に〝も〟強いまちをつくることになると、まとめてもらいました。

 

2日間で122名の方にご参加頂き、有意義な研修会を行うことができました。

校区担当職員も、今回の研修内容がサロンの中で活かせるように関わっていきたいと思います。

 

なお、今回の研修会開催にあわせて、

ふれあいサロンに出前講座をして下さる病院や企業などをまとめた一覧を配付しました。

サロン活動に役立てて頂ければ幸いです。

追加の配付等のお問い合わせは東区社協までお願いいたします。(TEL643-8922)