孤立死防止啓発リーフレットを作成しました。

昨今、孤立死は私たちの身近な地域で実際に起きており、決して他人事ではありません。

 

孤立死のリスクは、一人ひとりの努力で減らすことができます。

例えば、日頃から積極的にご近所や友人と交流を持ち、自分自身が孤立しないようにしておくことはもちろん、隣近所の方の様子を普段から気にかけておくことは、その方の異変に早く気づき命を救うことにつながります。日頃のちょっとした心がけが、大きな力になります。

 

この度、福岡市社会福祉協議会では、近年増加している「孤立死」を少しでもなくすため、啓発リーフレットを作成しました。

ぜひご一読いただき、ご活用ください。

 

詳しくは、東区社会福祉協議会にお問い合わせください。(TEL 092-643-8922)

 

私たちの地域から孤立死をなくすために