ひきこもり ~8050問題を考える~

10月7日(月)、たたら地域ふくしネット主催で『ひきこもり ~8050問題を考える~』をテーマに地域学習会を開催しました。たたら地域ふくしネットは、八田・多々良・青葉・若宮・舞松原校区の介護・障がい福祉サービス事業所、医療機関等で結成された団体です。

 

講師と講話テーマ

①   福岡市精神保健福祉センター

「福岡市精神保健福祉センターにおけるひきこもり支援への取り組みについて」

②   福岡市ひきこもり成年地域支援センター

「よかよかルームについて」

③   福岡市東第6いきいきセンター

「8050問題の事例紹介」

④   福岡市東第2障がい者基幹相談支援センター

「8050問題について考える」

社会的関心が高まっている「8050(ハチマルゴーマル)問題」。80代の親と、引きこもりが長期化して50代の子が同居している世帯の問題は、身近な地域でも存在します。

4名の講師からの講話後、参加された地域の民生委員、自治会、社会福祉協議会の方々と一緒に意見交換を行いました。

参加者からは、事例が分かりやすく良かった。相談窓口を知ることができて良かった等の意見がありました。専門職と地域活動者で一緒にひきこもりについて考えるいい機会となりました。