なかしまホーム 障がい者のシェアハウスに

東区社協が所有する香椎駅東の一軒家「なかしまホーム」。平成28年度から一般社団法人 古家空家調査連絡会と福岡市社協の共同事業体で行う「社会貢献型空き家バンク事業」が立ち上がり、その活用について検討していました。

このたび博多区千代と新宮町に障がい者福祉サービス事業所を拠点にもつ一般社団法人あきの会様から利用者の寮として活用したいとの申し出があり、改修工事を行い、去る9月29日に鍵の引き渡しを行いました。

改修工事の中では、利用者様に自分の家として愛着を持ってもらえたらと漆喰塗りのワークショップを建築士の方に開催していただき、地域住民の方との顔合わせの場を設定したり、鍵の受け渡し式でも町内会長や社協などの住民の方もお招きして、地域で障がい者が安心して生活ができるようにつなぎを東区社協で行いました

 

空き家を地域のために活用したい、など関心がある方は東区社協までご連絡ください。

7月に開催した「漆喰塗りワークショップ」

2日に渡ってあきの会の利用者やボランティアの方と一緒に行いました。

 

きれいになったなかしまホームで鍵受け渡し式を行いました。