~東箱崎校区 ふれあい昼食会~

午前中の雨もやみ、時折晴れ間も見える11月17日(日)の昼、東箱崎公民館で「ふれあい会食会」が開催されました。

昨年は、毎年会場として利用している東箱崎公民館が増改築中で利用できなかったため、2年ぶりの「ふれあい昼食会」になりました。

「ふれあい昼食会」には校区内の65才以上の1人暮らしの高齢者(自己申告者)をお招きし、78名の方が参加されました。

冒頭の挨拶では東箱崎校区社協の井上勝好会長から、「安心情報キット」(※1)の説明および今後ふれあいネットワーク活動(※2)に力を入れていきたいとの話がありました。

昼食会の途中では、有志の集まりでオカリナの演奏を行っている「たんぽぽの会」のメンバー4名によるオカリナの合奏がありました。

オカリナで「上を向いて歩こう」、「幸せなら手をたたこう」、「ふるさと」などの参加者になじみのある曲が演奏され、参加者も手拍子を打ったり、一緒に歌ったりして大変盛り上がりました。

今回の「ふれあい昼食会」は、前日から校区社協役員の皆さんが手作りで食事を準備しており、手作りの箸置きや花なども用意され、とても心のこもった昼食会になりました。

井上校区社協会長による「安心情報キット」の説明

「たんぽぽの会」によるオカリナ演奏

食事をしながら、皆さんの話が弾みました。

校区社協役員による「手作りの箸置き」を皆さん持ち帰られました。

 (※1)安心情報キット

一人暮らしの高齢者や障がいのある方などを対象に配付しており、緊急連絡先やかかりつけの病院などの情報を記載したカードを筒状の専用容器に入れて冷蔵庫に保管するもの。

(※2)ふれあいネットワーク活動

高齢者や障がい者など必要とする人を対象に、地域住民や各種団体が連携して日常的な見守り・助け合いなどを行うボランティア活動。