~箱崎校区ふれあいネットワーク研修会を開催しました!~

先日、箱崎校区社会福祉協議会主催で、自治会長、民生委員、団体役員など約50名の参加を得て「ふれあいネットワーク研修会」を開催しました。

今回は、『ネットワークの機能』について社協職員が講話を行い、ネットワークの目的や効果について参加者のみなさんと一緒に再確認しました。

講話の中で、他の校区で取り組まれている『しばらく不在にします』カードについて紹介すると、「ぜひ私の町内会でも活用したい」といった声もあがっていました。

その後に、①現在の見守り状況を確認しよう!②気になる人・心配な人(新たな対象者)について情報共有しよう!③協力してくれる人(新たなボランティア)を見つけよう!をテーマに、「見守りマップ作り」を行いました。

町内の地図に見守りが必要な人や気になる人、ボランティアなどを色分けして記入し、対象者とボランティアの関係性を矢印で表し、ネットワークの状況を「見える化」しました。

見守りマップ作りを通し、見守りが必要な方についての情報交換も活発に行われ、一斉に班会議を行っているような雰囲気でした。

今後も箱崎校区のふれあいネットワーク活動が更に充実するように社協も取り組んでいきたいと思います。