”名島ささえあいネット”が発足しました!

名島校区にある入所型の高齢者施設(特別養護老人ホーム、グループホームなど)10施設が集まり、施設どうしの横の連携や情報交換はもちろん、何より「地域とどのように連携・貢献できるか?」を考えるための施設のネットワーク組織「名島ささえあいネット」が立ち上がりました。

 

今年1月に第1回の会議を行い、先日3月22日、第2回目の会議が特別養護老人ホーム シエル名島で行われました。

メンバーの熱心な協議の結果、施設を紹介する冊子を作成することや、地域の民生委員さん等の研修に貢献したいという活動方針が固まってきました。

また、これからお互いの施設の見学なども行い、親睦も深めていきたいと考えられています。

第2回目の会議の様子です

 

高齢になっても住み慣れた地域でいつまでも暮らしていけるまちづくり(地域包括ケアシステム)の実現には、地域住民どうしでの助け合いはもちろん、地域にある福祉施設や事業所、医療機関と地域住民との協力も大切です。

 

東区社協では、地域と施設等とのつながりづくりも大切な仕事のひとつと捉え、名島ささえあいネットのような取り組みを支援しています。

 

名島ささえあいネット参加施設(順不同)

グループホーム千手、グループホーム愛・あい、名島シーサイドⅠ、

シエル名島、オーベルハイム名島、オーベル名島橋、

トリニテ松崎館、フレンドピーチ、ラ・ナシカちはや、

つくしんぼの有料老人ホームまつざき

 

お問い合わせ:東区社会福祉協議会(TEL 092-643-8922)