立花高校と美和台校区との連携「出番と居場所のある美和台」

美和台校区では、

平成26年4月から事業所と地域との連携を考える「おたがいさまコミュニティ会議」を開催し、

校区内にある立花高校と様々な模索を継続する中で、相互の認識と信頼を深めてきました。

 

高校内のカリキュラムに金曜日の午前中「体験授業」というカリキュラムがあり、

手芸コースでは、地域のボランティアが講師となって縫い物を教えたり、生徒からはボランティアがミサンガを教えてもらったり、

といった交流が生まれています。

手芸班では、毛糸で作るクリスマスリースを、生徒がボランティアに教えています

 

また、校区のふれあいサロンや子育てサロンへ生徒や教師が見学を重ねるうちに、

「立花高校で『サロン』を開いて、地域の方に気軽に高校へ来てほしい」という思いが生まれ、

「サロン交流」コースが新設され、

平成28年12月から「子育てサロン立花“のんびり”」が月に1回開設されるようになりました。

立花高校内にできた子育てサロン立花”のんびり”

 

他にも立花高校の生徒が、校区内の高齢者宅の草取りの依頼にチームとして手伝いに行ったり、

高校の文化祭に地域の出店があったりと、

定期的な会議の中から、地域と高校それぞれに「出番」と「居場所」が生まれています。