校区社会福祉協議会について

校区社会福祉協議会とは

校区社協活動は地域住民が自分たちの生活環境や生活条件をより良くするために、制度に縛られることなく、その解決方法のアイディアを考えたり、話し合ったり、また、必要に応じて実際に活動するボランティア活動です。

だから、行政サービスの肩代わりではなく、どうしても行政サービスではできないもの、なじまないものが活動内容になってくるでしょう。このような様々な活動をとおして安心して生活できる「福祉のまちづくり」(ノーマライゼーション)を目指すものです。

また、校区社協は自治会、民生委員児童委員協議会、公民館、ねんりんクラブ、ボランティアグループ等の地域関係団体から選ばれた人たちで構成されています。

校区社会福祉協議会の主な活動内容

ふれあいネットワーク活動

“向こう三軒両隣り”地域で家族のような関係、助け合いの輪をつくる。

高齢で身体の機能が低下したり、障がいをもったり、独り暮らしになっても住み慣れたまちで安心した暮らしを続けたいと、誰もが願っています。

地域では、身近な暮らしの中でちょっとしたことから命に関わることまで、不安感を感じたり、不自由を強いられるいろんな問題が表面化あるいは潜在化しています。

ふれあいネットワーク活動は

  • お年寄りや障がい者、母子父子家庭などで
  • 日頃の暮しの中で、悩みあるいは困っている問題を早く発見し
  • 地域のみんなが、それぞれできる範囲で手助けし
  • 難しいものは、行政や関係団体につなぎ、普段の身近なつきあいの中で支えていく活動です

活動のしくみ

  • 見守り……声かけ、訪問など
  • 助け合い…話し相手、ゴミ出し、日常生活の手助けなど
  • 話し合い…意見交換、情報交換、関係機関との連携など

ふれあいサロン活動

ふれあいサロン活動とは

公民館等を拠点に住民である(※)当事者とボランティアが協働で内容を企画し、共に運営していく楽しい仲間づくりの活動です。高齢者や障がい者、子育て中の親などが、気軽に出かけて仲間づくりをしたり、一緒にレクリエーションや簡単な体操などをすることで、いきいきと生き甲斐をもって地域で元気に暮らせることを目指しています。

※高齢者だけでなく、障がい者や子育て中の親なども含まれます。

助成金様式

※1ファイル内に記入例を含め複数シートあるものがありますので確認ください。

1.「校区社協事業助成金」

2.「福岡市地域保健福祉振興基金事業助成金」

(3)ふれあいネットワーク班

3.校区社協研修バス借上助成事業助成金