2019年10月の記事一覧

八田校区で認知症声かけ模擬訓練を開催しました!

10月5日(土)、八田校区で「認知症サポーター養成講座・認知症声かけ模擬訓練」を開催しました。

初めに、公民館で「八田校区の高齢化・認知症の現状」・「認知症の方へ実際の声かけの仕方」・「オリエンテーション」と、講義がありました。

次に、いよいよ屋外に行きます。

5~7名のグループに専門スタッフが2名ついて、7名の認知症役がスタンバイしている箇所を回ります。そして、参加者は1人ずつ、認知症役の方々へ声をかけて体験されました。認知症役の方々は、認知症の症状に詳しい専門スタッフで、暑い中、冬の服装で参加したり、迫真の演技を見せたりするなど、参加者はどのように対応すればいいのか、苦戦している場面がありましたが、回数を重ねるにつれ、声かけがうまくなっていきました。

最後に公民館に戻り、声かけ訓練で感じたことや今後の課題などを話し合い、発表がありました。発表では、また2回目、3回目と経験を積みたいとの意見がありました。参加者の皆さんはとても充実した表情でした。

~地域の縁側~日曜サロン“八田のひだまり”~

八田公民館では、地域住民が集い語り合える場「八田のひだまり」を毎月第3日曜日に行っています。

平成28年5月からは、奇数月に専門職の協力のもと<健康カフェすこやか>を開催しています。

 

9月の健康カフェすこやかのメニュー

①測定メニュー(身長、体重、血圧、体脂肪、握力、血管年齢、骨密度、ロ

コモ度テスト、お肌潤いチェック、足指力)

②たたらリハビリテーション病院 作業療法士・理学療法士の体操指導

③健康ミニ講座「認知症予防について」

④専門職による相談コーナーの設置

 

今回はICTを活用したもの忘れチェックを行いました。参加者全員がもの忘れチェックを受けましたが、結果は全員心配ありませんでした。測定、体操の後、「認知症予防について」のお話を聞き、皆さんで学ぶことができました。

また、コーヒーや紅茶、日本茶などを飲みながらゆっくりお話することができました。

 

 

健康カフェすこやか従事スタッフ

・公民館職員

・東区保健福祉センター(保健師)

・たたらリハビリテーション病院(作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、介

護福祉士、社会福祉士)

・特別養護老人ホームいきいき八田(ケアマネジャー、社会福祉士、精神保健福祉士)

・本会職員(社会福祉士、精神保健福祉士)

※相談コーナーでは、相談内容に応じて専門スタッフが対応します。