2015年3月の記事一覧

~香陵校区社協だより~

校区社会福祉協議会が発行する広報紙をホームページに掲載します。

今回は、「社協だより第16号」です。

是非、ご一読ください。

社協だより第16号

 

 

~和白校区ふれあいネットワーク勉強会~

3月13日(金)に和白公民館でふれあいネットワーク勉強会を実施しました。

和白校区の自治会長や民生委員・児童委員が参加して、ふれあいネットワーク活動の更なる充実を目的に、東区役所総務部総務課防災・安全安心係:福有係長をお招きして「災害に備える・災害を知る」と題した講演会を実施しました。

講演会では、「福岡西方沖地震」や「東日本大震災」の振り返りを行った後、災害時の対応で最も大切なことが地域の「自助・共助」であり、そのためには日頃から和白校区で取り組んでいるふれあいネットワーク活動(見守り活動)が重要であるとの説明がありました。

また、講演会の後には、各自治会ごとに以前作成した「見守りマップ」を活用して、見守り対象者の状況を確認しました。

完成した見守りマップを俯瞰すると、見守りには対象者の近隣住民の協力が不可欠であることが分かり、ご近所の見守り協力者を増やしたいなどの意見が出ました。

今後、和白校区では要支援者の見守り活動をさらに強化するため、各種団体とも連携して見守り活動を進めて行く予定です。

〈 防災に関する備えを確認 〉

〈 マップを囲んで対象者の状況確認 〉

●ふれあいネットワーク活動

→一人暮らしの高齢者や障がい者、子育て中の家庭など「自助」だけでは安心して暮らしていくことができない方を見守り・訪問し、支え合い・助け合う、地域住民相互の互助(近所)活動です。

●見守りマップ

→町内の地図に見守りが必要な人や気になる人、ボランティアなどを色分けして記入し、対象者とボランティアの関係性を矢印で表すことで、見守り状況などを視覚的に明らかにする手法です。

~舞松原校区社協だより~

校区社会福祉協議会が発行する広報紙をホームページに掲載します。

今回は、「舞松原校区社協だよりNo.61」です。

是非、ご一読ください。

社協だよりNo.61

~千早西校区社協 ふれあいほっとニュース~

校区社会福祉協議会が発行する広報紙をホームページに掲載します。

今回は、「ふれあいほっとニュース1503(No.45)」です。

是非、ご一読ください。

ふれあいほっとニュース1503(No.45)

 

~社協ワーカーだよりNo.30~

東区社会福祉協議会では、社協職員(ワーカー)の動きや社協事業についてご紹介するお便り「社協ワーカーだより」を毎月発行しております。
ぜひ、ご一読ください!なお、バックナンバーをご希望の場合は、東区社会福祉協議会にお問合せ下さい。

社協ワーカーだよりNo30