2014年9月の記事一覧

~香椎団地(千早校区)で見守りマップ作りを行いました!~

去る9月11日(木)、香椎団地のふれあいネットワーク班の方々と、「ふれあいネットワーク」をさらに充実させるために見守りマップづくりを行いました。参加者は町内会長、民生委員やボランティアなど13名。この町内の特徴は、すべてURの団地で構成されており、1棟をのぞく他の11棟はオートロックの集合住宅です。

見守りマップ作成の手順に従い、棟ごとにボランティア、見守り対象者、気になる人に印をつけ、出来上がったマップを実際の棟の配置に並べてみて、上からながめてみました。

その結果、「オートロックだが、殆どの棟にボランティアがいて、いない棟でもボランティアが外から訪問できる人間関係がある。」「ねんりんクラブと民生委員の連携がよく、ねんりんクラブに加入している人が多い。」「子ども会の方が異変を感じた時に町内会長に知らせてくれる。」「ネットワーク対象者だけでなく、気になる人が多数いることに気づいた。」などの意見が出され、町内の「強み」と「課題」に対して多くの気づきがありました。

今回、マップ作りをお手伝いさせてもらい、「人と人の繋がりが強い町内って素晴らしいな」と改めて感じた次第です。ありがとうございました。

~青葉校区社協 福祉講演会~

先日、青葉校区社協主催の福祉講演会が行われました。

民生委員児童委員として永年に渡りご活躍された藤村 文彬氏を講師としてお招きし、「情けは人のためならず」という演題でご講話頂きました。

当日は青葉校区だけでなく他校区からも多くの方々が参加されており、藤村氏の「民生委員の成り立ち」「民生委員を引き受けた経緯」「地域で活動する時の気持ちの持ち方」についてお話を拝聴しました。

藤村氏の「地域の活動に率先して出かけて行き、言葉一つ行動一つで変わることが出来る。」「何をするにも“健康第一”で、何かをしたら“ありがとう”が返ってくるのが喜び・生き甲斐。」という言葉に、地域で活動されている皆さんは頷きながら聞き入ってありました。今回の講演会後、参加者のお一人は「気持ちの持ち方を聞いて、これからも前向きに頑張って行こうと思えた。」と笑顔で言われていました。

藤村氏のお話を聞き、参加者の皆さんが心新たにして今後も活動に邁進されることを心強く感じた講演会でした。

 

~美和台校区社協 ぬくもり~

校区社会福祉協議会が発行する広報紙をホームページに掲載します。

今回は、「ぬくもり 第74号」です。

是非、ご一読ください。

ぬくもり第74号

~社協ワーカーだよりNo.24~

東区社会福祉協議会では、社協職員(ワーカー)の動きや社協事業についてご紹介するお便り「社協ワーカーだより」を毎月発行しております。
ぜひ、ご一読ください!なお、バックナンバーをご希望の場合は、東区社会福祉協議会にお問合せ下さい。

社協ワーカーだよりNo.24

~香住丘校区社協 福祉だより~

校区社会福祉協議会が発行する広報紙をホームページに掲載します。

今回は、「福祉だより 第33号」です。

是非、ご一読ください。

福祉だより第33号